ゼロフィニッシュ

ハーレーダビッドソンディーラーもゼロフィニッシュ推し!

簡単な作業で、ほぼすべての素材または表面処理のモーターサイクル用パーツに対して、汚れの除去とガラスコーティングの施工ができるのがゼロフィニッシュ。その実力は、ハーレーダビッドソンディーラーのスタッフも認めるところ。今回は「ハーレーダビッドソン昭和の森」で、ゼロフィニッシュのストロングポイントやユーザーに推奨したい使い方をうかがってきました。

噴いて拭くだけ、難しさなし!

東京都昭島市にある「ハーレーダビッドソン昭和の森」は、日本最大級の規模を誇るハーレーダビッドソンディーラー。JR昭島駅から徒歩1分という便利な立地と、広大な駐車場を完備したゆとりのある敷地、新車はもちろんのこと特選中古車やオリジナルカスタム車やアパレル&アクセサリーなどが美しく展示されたショールームなど、数々の魅力を有した「家族で遊べるメガディーラー」です。

そんな「ハーレーダビッドソン昭和の森」でショップマネージャーを務める佐藤大介さんは、ユーザーのハーレーライフをがっつり支えてくれる豊富な知識と経験を有する一方で、“磨きのプロフェッショナル”としても知られています。ワックスやバイク磨きに関しても豊富な経験と譲れないこだわりを持つ佐藤さんは、愛用するゼロフィニッシュの長所として、まず以下のことを挙げてくださいました。

「我々のようにバイクを磨き上げるノウハウを持っている人はもちろんですが、そういう知識があまりない一般ユーザーの方々でも簡単に扱えるのが、ゼロフィニッシュが持つ大きな魅力です」

ゼロフィニッシュは、新配合洗浄成分のHGSクリーナーによる浸透・軟化・溶解の相乗作用で、汚れを簡単に除去。軽微な汚れなら、スプレーしてからマイクロファイバークロスで拭くだけで、水なし洗車が完了します。汚れがひどい場合は、キズ付きを抑止するため先に水洗いして、水滴を拭き取ってから使用。ただし濡れた状態でも使えるなど、とても使い勝手に優れます。この簡単な使用手順が、「お客様にもゼロフィニッシュをオススメしたい理由のひとつ」とのことです。

これ1本で丸ごと洗車&コーティング

しかし、ゼロフィニッシュがハーレーユーザーに向く理由は、だれでも簡単に扱えるということだけではないようです。

「ハーレーの車体にはクロムメッキやツヤ消し塗装、エンジンのリンクル塗装、一般的な外装塗装から金属素地まで、数々の表面処理加工が混在しています。また一般的なモーターサイクルと同じく当然ながらマフラーもありますし、車種によってはシールドも装備しています。ゼロフィニッシュは、それらの違いを気にすることなく使える点もスゴいと思います」

ゼロフィニッシュは、金属と樹脂なら塗装の有無や表面処理方法を問わず使用可能。300℃の耐熱テストもクリアしているので、エンジンやマフラーなど高温になる部分も、エキゾーストパイプ以外なら施工できます。多彩な表面処理や塗装タイプが導入されることが多いハーレーには、守備範囲が広いゼロフィニッシュがとくに活きるようです。ちなみにゼロフィニッシュは、優れた被膜効果により施工後は表面がツルツルして滑りやすくなるので、レバー類やステップは、グローブとか靴底が接する部分を避けて使うのがポイント。塗装面や金属や樹脂などの幅広いパーツにツヤが得られ、マット塗装やリンクル塗装に施工した場合にも、テカることなく色に深みが出ます!

コーティングが長時間持続で旅にも向く

「ハーレー乗りのお客様は、遊び方が本当に多種多様。カスタムを楽しんでいるお客様のなかには、ほとんど乗らないとか天気のよい日だけなんて人もいらっしゃいますが、その一方で今日のような悪天候(※取材日は滝のような雨が降り続いていました)でも、ツーリングに出かけているお客様も多数いらっしゃいます」

佐藤さんがこう話すように、雨にも負けずアクティブ&ワイルドにツーリングを楽しんでいるハーレーライダーも多くいらっしゃるようです。

そんな方々にはとくに注目してもらいたいのが、ゼロフィニッシュのコーティング効果。ゼロフィニッシュで磨くと、ハイブリッドコートが深みのあるツヤを生み、反応性特殊ポリマーが2ヵ月間持続する撥水被膜を形成。このガラスコーティング被膜には、撥水だけでなく防汚の効果もあるため、ツーリング後の洗車もラクになります。

ちなみにスクリーンやシールド(ヘルメットシールドの外側を含む)に施工すると、コーティングの効果で細かいキズが消えて視界がクリアになり、しかも雨天時は撥水効果で視認性を高めてくれますよ!

イヤなケミカル臭はほとんどなし!

ディーラーである佐藤さんは、ホコリが舞う屋外ではなく、当然ながら室内で磨きの作業をしています。そのため、「独特のイヤなケミカル臭がほとんどないというのも、ゼロフィニッシュのストロングポイント」と話します。作業場に臭いが充満しないので、気兼ねなく使用できるようです。

そしてこの特徴は、一般のハーレー乗りにもメリットとなるようです。「高価で特別なハーレーですから、愛車を自宅やレンタルのガレージに保管しているユーザーも多いですよ」と佐藤さん。イヤなケミカル臭が極めて薄く、室内で使用しても気持ち悪くならないゼロフィニッシュなら、プロショップだけでなくマイガレージ派が室内で使うのにも適しています。

愛車だけでなくヘルメット磨きも忘れずに!

そして最後に佐藤さんは、一般ユーザーにゼロフィニッシュを使用してぜひ実践してほしいことを、このように話してくださいました。

「最近、ご来店されるお客様を見ていて気になることがあります。それは、乗っているバイクは隅々まで美しいのにヘルメットが汚いというライダーが、意外と多くいらっしゃること。ゼロフィニッシュは、ケミカル臭が少なくシールドにも使えるので、ヘルメットを磨くのにも向いています。ぜひバイクだけでなく、万が一のときには自分を守ってくれる大切な存在であるヘルメットも磨いてくださいね!」


取材協力:ハーレーダビッドソン 昭和の森店

http://harleydavidson-showanomori.com/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。