洗車・コーティング方法

シュアラスターは、自動車を大切にされている多くの方々から様々なご相談をうけてきました。

「洗車をしたことがないけど、愛車に長く乗り続けるための、正しいカーケア方法は?」

「自己流でカーケアをしているけど、どんなところを気を付ければいいの?」

様々なご質問に対して、ここではシュアラスターが提唱する、理想のカーケア方法をご紹介します。

洗車・コーティング方法

洗車の前に

洗車は、炎天下やエンジン停止直後の洗車は、ボディ表面の温度が上がり、水、液剤やワックスが乾きやすくボディを痛めてしまう原因になります。また、風の強い日などもホコリやゴミがついてしまうため洗車は避けてください。朝夕など、気温が25度以下を目安に時間をかけずに洗車をしましょう。時計やアクセサリー、ベルトなどの装飾品は車に傷をつける原因となるので洗車時は外しておきましょう。

  1. STEP
  2. STEP
  3. STEP
  4. STEP

ボディーケア

愛車をきれいにするための洗車に裏ワザはありません。

基本を守り、気を付けるポイントを意識しながら洗車、鉄粉除去、汚れ除去、仕上げを行えば、愛車は見違えるほど美しくなるでしょう。

ボディーは表面の汚れを泡立ちのいいシャンプーで洗い落とし、シャンプーでは落ちない汚れをクリーナーで除去してからワックスやコーティングで仕上げを行います。

足周り、タイヤ&ホイールケア

「オシャレの基本は足元から」という言葉があります。

愛車のボディはきれいでもタイヤやホイールが汚れていると、車の美しさを損ねてしまいます。

しかし、ケアを怠ったり不適切な対処を行うと、タイヤのヒビ割れや車の個性となるホイールを台無しにしてしまうことも。
理想のタイヤ&ホイールケアをご覧ください。

ウィンドウ・ミラー

雨の日は交通事故の確率がぐっと上がります。油膜による窓のぎらつきや水滴による視界不良が大きな原因となります。そうならないためにも、ウィンドウのケアも定期的に行いましょう。

ヘッドライト

ヘッドライトが黄ばんだりくすんでいると車全体がくすんで見えてしまいます。そこで、クリアな状態に戻してあげることで愛車全体が締まって見えるので定期的にヘッドライト専用のクリーナーで磨くことをお勧めします。

車の汚れの種類と対処法

車は走行しなくても様々な汚染物質が付着します。

ガレージでの保管だけであればホコリの付着ぐらいしか考えにくいのですが、屋外に出ると雨の水滴、排気ガスから飛散するススや油分、鳥のフン、虫の死がい、樹液、花粉、ブレーキダスト、鉄粉、黄砂、その他大気を汚染している様々な成分等があります。

これらの物質が車に付着したまま放置すると雨が降った後にシミになってしまったり、雨水と一緒に汚れが流れると水アカなどの原因になります。

汚染物質が塗装面に残り続けると塗装面自体を犯し、汚れの除去ではなく、塗装面の修復が必要になる可能性もあります。

ボディが深刻なダメージを負う前に適度な洗車を行い、シミを見つけた時はクリーナーなどを使用してケアしておく事が大切です。