『日産 GTR R35』シュアラスターコーティング「シュアラスターコーティングプラチナダブル」

さて、今回ご入庫頂きましたお車は…
日産 GTR R35のお客様にご来店頂きました♪♪
個人的にGTRのブルーは大好きな組み合わせです☆
ブルー青木が素敵なブルーのGTRを新車のような輝きに戻していきたいと思います!

購入から2年ほど経ち新車時に施工した、コーティングの効き目がなくなってきたとの事でシュアラスターラボへご相談頂いてからご入庫になりました。
実際にガレージ内に入れてボディチェックをしてみると、スクラッチシールドのおかげか深いキズは少ないもののボディ全体に小傷がありクスミが出ていたので磨き作業にて除去してまいります!

Before

日産のスクラッチシールド塗装、、、
こちらキズが入りづらく復元すると言う素晴らしい特殊な塗装なのですが、厄介なのが深いキズや入ってしまったキズは消えづらいのも事実です。

磨き作業で万が一キズを入れてしまうと、、、
考えただけで恐ろしいです。

After

しかし丁寧に磨いてあげる事で、特殊クリアの柔らかい質感で素晴らしい艶感に戻す事が出来ます。

ボディ全体が磨き終わったら、ガラスコーティングを塗布する前に細部のクリーニングも行います。
洗車の段階でも細部のクリーニングはするのですが、その時に取り切れなかった汚れなどはドライの状態でチェックしてまいります。

Before

リアウィング裏のワックスカスも見逃しませんよ!!

After
Before

マフラーの排気汚れも洗車時にある程度クリーニングしてから、最後に手磨きで汚れを落としてあげます。
どうしても汚れがつきやすい場所ではあるのですぐに汚れは付着してしまいますが一度焼き付きを落としておいてあげれば、日頃のメンテナンスも楽になり、見栄えも良くなりますよ♪

マフラーもボディも光り輝いてます☆

GTRのこの角度から見る後ろ姿が個人的に大好きです。

GTR

今回のGTRの仕上りにご満足頂き、ものすごく喜んで頂けて作業させて頂きました私もすごく嬉しいです。
これからも皆様の愛車を輝かせる精進してまいります!

ガラスコーティングのご用命はシュアラスターラボでいかがでしょうか?♪♪

日産 GTR
本モデル前の歴代スカイラインGT-Rは、スカイラインの中で競技時に最も競争力が高いボディ形式へ専用で特別仕様のエンジンと適応する駆動系やサスペンション、ブレーキなどを備えた競技前提の高性能バージョンであったが、本モデルは、初代後期型スカイラインGT-R(KPGC10型)以来伝統のトランクを分離した2ドアクーペデザインや4代目スカイラインの2000GT(GC110型)以来続いた「スカイラインGTの象徴」とされる丸型4灯テールランプなどを踏襲するが、開発と設計はスカイラインに無縁で独立した固有の車種である。

シュアラスターラボ

住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦1-15-12
電話:0120-893-128
メール:lab@surluster.co.jp
営業時間:9:00 – 17:00
定休日:火・日・祝定休

シュアラスターラボへのお問合せ

サービス内容やショップ情報など不明点がありましたら、お気軽にお問合せください。

【電話かメールで問い合わせる】
電話:0120-893-128
メール:lab@surluster.co.jp

営業時間 9:00 – 17:00 ※火・日・祝 定休

【フォームで問い合わせる】

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。