タイヤケアの方法を学ぶ

製品特性による違い

タイヤのツヤ出し材は、形や液性によって品質に差が出るので、タイヤやボディに悪影響を及ぼさないためにも「水性」で「塗り込み」タイプのものを選びましょう。

液性による違い

水性 油性
ツヤのイメージ しっとりとしたツヤ ギラついたツヤ
シミ・ムラ なりにくい なりやすい
タイヤへの悪影響 損傷を起こす成分は入っていない 石油系溶剤の影響でタイヤの劣化の原因となる
耐久性

施工方法による違い

塗り込みタイプ スプレータイプ
施工の手軽さ
仕上がり 全体的に満遍なく施工可能。 ボディーなどに飛び散ったり液だれするとシミの原因となる。

手順

タイヤワックス、タイヤコーティングどちらも付属のスポンジに液剤を適量取り、タイヤに塗り込むだけで完了です。

付属のスポンジに液剤を適量取り、タイヤに塗り込むだけ

必要なアイテム