塚本奈々美のサーキットレポート 005

2016.12.27

いよいよ今年も余すところあとわずか、この機会に今シーズンの後半戦を振り返ってサーキットレポートさせて頂きま~す。

4年目の参戦となったGR86/BRZレース、本来のワンメイクレースの趣旨に従い「フェアに戦う」というネッツ東京のチーム方針の下、また「ミスタースーパーGT」脇阪寿一選手という願ってもないチームメイトとともにシリーズ計6戦に出場。

10月29・30日のGAZOO86/BRZレース最終戦(@鈴鹿)、クラブマンクラスのエントリーは72台と相変わらずの人気レース。いろいろアクシデントに見舞われ、決勝は27位と決して満足の行く結果ではありませんでしたが、今後への光明が見えた最終戦でした。

 

TGRF(11月27日@富士SW)ではレギュラーシーズンの上位ランカーによる初のプロ/クラブマン混走レースに出場。

数日前の大雪の影響で練習走行もなく、決勝本番もグラベルにはまだ雪が残り、雪解けの水がコースに流れ込んでいたりして神経を使う路面でけっこう荒れたレースになりましたが、クラブマンクラスで12位となって今季の86レースを締めくくりました。

そして、D1東西日本&レディースリーグは11月19日、D1東日本シリーズ最終戦(日光)に出場。54選手がエントリー、悪天候で超ウェットな中、単走決勝は10位となりベスト16による追走決勝に進出!練習ではほとんどいいところなしだったのに、本番でしっかり結果を出し、MCのマナPこと鈴木学さんも「何でこの娘は本番に強いんだ~?!」と言っておられました(笑)

追走1回戦後追い、最終コーナーからの立ち上がりでピッタリとついていくところまでは良かったものの、振り出しで少しラインが小さくなってしまい、最終的に追走決勝では12位となりました。強者が揃う東西日本シルーズでしっかりと結果が出せたことで、少しは成長の跡はお見せする事ができたかな~。

そして、12月1日、テレビ山梨の「ニュースの星」で私のGR86/BRZレースとD1SL参戦の模様を特集頂きました!!やまなし大使をつとめる山梨の大変ポピュラーな報道番組で、私の活動を通じて一般の方々にモータースポーツを知ってもらえ、大変嬉しかったですね。

シュアラスター女子カート部(JKB)は11月3日のジャパンEVフェスティバルにて、さやかとさくらの「さ・さ」コンビがERKクラス優勝を果たし、2年連続3回目の日本一となりました~!!!

 

また、ERKカップジャパンでも高校1年の奈々花を中心に頑張り、6回目のシリーズ優勝を達成、ERKでのチャンピオンの座を不動のものにしています。

サーキット外では、経産省後援「くるまマイスター検定」のアンバサダーとしてクルマ文化の普及活動を行い、おかげ様で11月27
日は全国12会場で過去最多となる3263人に受験頂きました~!2017年も11月に第5回が実施されることが発表され、私は今後もアンバサダーとして頑張らせて頂くことになりました。

 

11月3日には私が特別講師をつとめる関東工業自動車大学校でシュアラスター洗車講座を実施、私も今後クルマに関わる仕事で社会に旅立つ学生たちに「社会=競争」というテーマで講義をさせて頂きました。

 

こうしてサーキットでは泣き笑いしながらも、大変充実した活動が出来ました。
シュアラスターさんを始めとする、応援頂いた多くの皆様に深く感謝申し上げます。
それでは皆様、どうか良い年をお迎えください。

 

塚本奈々美

関連記事