シュアラスターの歴史

絶対的なワックス 性能と安心の品質は 洗車愛好家の間では理想的と言われています。

輝きのレジェンド、シュアラスター

1949年、アメリカ西海岸でシュアラスターは生まれました。
自動車の普及とともに、その輝きは全米を席巻。
車を美しく磨き上げるためには欠かせないツールとなりました。

60年代に入り、その波は日本にも。
プロのドライバーを中心に人気を博し、さらには多くの輸入車の純正ワックスとしても採用され、伝説的なまでにその名は広がりました。
天然カルナバ蝋にこだわることで、シュアラスターはずっと特別な輝きを維持しています。
それがシュアラスターワックスです。

1947年、カリフォルニア州ロングビーチで誕生

あるひとりの男が、自動車用ワックスを小さなケトルでつくり始めた。
その男の名は、ジョセフ・ロビンソン。
化学者でもある彼が、一切妥協することなく理想のカーワックスをもとめて、ちいさなケトルにカルナバ蝋を溶かして開発に没頭して2年。
やがて、彼はこれなら世に出せるという自信のワックスの製品化に成功した。

1949年、シュアラスターと名付けられた自動車用ワックスの販売がこうして始まった。
シュアラスターは、「Sur-」と「Luster」からなる合成語。
「Sur-」は英語でSuperを意味する接頭語。
つまり、極上 超越という意味。
「Luster」は訳せば、光沢・艶・輝き。
つまり、2つを合わせれば、極上の輝き、超越した光沢という意味になる。

もともとワックスは、木製家具の艶出しや保護のために、あるいはアンティークの壷や皿などの表面の艶出しや保護するために使われてきたという歴史を持つ。
金属のボディを保護し艶を出すためにもワックスには、あら ためて活躍の場を与えられたのである。
当時は、豊かで、快適で、のびのびとした生活を象徴するかのように、自動車にはテールフィンが生えており、ゴージャスな自動車をぴかぴかに輝かせてはじめて存在理由がある時代だった。
シュアラスターの深い艶は、自動車の普及とともにやがて全米を席巻してゆく。

そして、美しく磨き上げるためには欠かせないツールとなるのである。

SurLuster History

  • 1947

    カリフォルニア州ロングビーチでジョセフ・ロビンソンが自動車用ワックスの製造を開始。
    当初は近隣の洗車業・カーディーラーが主な顧客だった。

  • 1949

    シュアラスターという名称を使用し本格的な自動車ワックスの製造・販売に着手。
    1950年代に入ってからは、「SurLuster Inc.」として本格的な活動を開始した。

  • 1966

    シュアラスター製品が初めて日本で紹介される。

  • 1968

    アメリカにおける市場占有率「80%」という世界最高水準の数値が、シュアラスターの優秀性を実証。
    日本国内でもガソリンスタンドを中心に、一部製品の販売が始まった。

  • 1969

    「シュアラスター・ペーストワックス(ブルーワックス)」がゼネラルモーターズ「キャデラック」指定ワックスに選ばれ、
    ”世界で最も高級なカーワックス”として世界中から注目を集めた。

  • 1970~1980

    アメリカに続いて、日本国内でも本格的な一般販売が開始。

  • 1992

    日本の「シュアラスター株式会社」から全ての商品が供給されるようになる。

  • 1995

    カルナバ蝋の光沢にこだわったハイエンド商品マンハッタンゴールドワックスを発売開始。

  • 1998

    洗車ワックス掛けをサポートするスポンジ&クロス、オリジナルカーケアシリーズを発売開始。

  • 1999

    全国のシュアラスターユーザーの交流の場としてシュアラスタークラブを設立する。

  • 2000

    シュアラスタークラブ会員の声から生まれた製品の第一号。タイヤワックスとホイールクリーナーを発売開始。

  • 2007

    シュアラスターワックスの集大成、シュアラスターブラックレーベルを発表。

  • 2008

    愛車のエンジンを長持ちさせる、エンジンオイル/ガソリン添加剤の「LOOP」シリーズを発売。
    目的やコンディションに応じて選べる添加剤として話題に。

  • 2010

    これまでのカーコーティングの常識を覆す、スプレー式コーティングの「ゼロウォーター」を発売。