汚れの種類と対処方法

車は走行しなくても様々な汚染物質が付着します。
ガレージでの保管だけであればホコリの付着ぐらいしか考えにくいのですが、屋外に出ると雨の水滴、排気ガスから飛散するススや油分、鳥のフン、虫の死がい、樹液、花粉、ブレーキダスト、鉄粉、黄砂、その他大気を汚染している様々な成分等があります。
これらの物質が車に付着したまま放置すると雨が降った後にシミになってしまったり、雨水と一緒に汚れが流れると水アカなどの原因になります。
汚染物質が塗装面に残り続けると塗装面自体を犯し、汚れの除去ではなく、塗装面の修復が必要になる可能性もあります。
ボディが深刻なダメージを負う前に適度な洗車を行い、シミを見つけた時はクリーナーなどを使用してケアしておく事が大切です。


水アカ

水アカは排気ガスのススや油分、アスファルトやタイヤが削られて粒子状になった汚れが雨などで流され、自然乾燥するなかで塗装面に固着します。
特徴としてはドアノブやサイドミラーの下、パーツの隙間などから水が垂れたような跡の汚れを指し、灰色や黒の汚れのため、特にライトカラー車で目立ちやすい傾向があります。
原因となる要素が日常において多く存在するので、比較的よく見る汚れです。

対処方法

こまめにシャンプー洗車することで、ボディに付着した汚れを除去する事が可能です。
ただし、汚れが付着してから期間が経過したり、塗装面が荒れた箇所への付着、コーティングやワックスの効果が低下した場合などは容易に除去できない場合があります。その場合は、専用のクリーナーで除去します。


イオンデポジット

イオンデポジットは不純物を含んだ水分が蒸発していく過程で水分中の不純物だけが塗装面に残る現象です。
イオンデポジットは水道水や雨などの水が蒸発していく過程で、水分中の不純物だけが塗装面に残った、白い輪ジミのように見える汚れです。
イオンデポジットの白い輪ジミは拡大すると、汚れのフチ周りが不純物によって塗装表面より盛り上がります。
イオンデポジット箇所には不純物による細かな凹凸が生じ、同じ箇所に水滴が留まりやすくとなるので、さらに不純物が蓄積しやすくなる悪循環が発生します。

対処方法

イオンデポジットは自然乾燥を防ぐことで予防できますので、洗車後水が自然に乾燥する前に拭き取りましょう。
また、炎天下やボディが熱い状態で洗車をした場合や大きな車などは、洗車後水滴を拭き取る前に自然に水が乾いてしまう事がありますので、涼しい時間帯にボディ全体にたっぷりと水をかけて冷やし、吸水性と排水性が高い水滴拭き取りクロスで水滴をしっかりと除去しましょう。
撥水が弱まっている場合などは、細かな水滴が残ることがありますので、その際はやわらかいクロスで乾拭きしてください。
また、イオンデポジットが発生した場合は、研磨粒子入りのクリーナーで除去します。
ただし、酸性クレーターまで進行してしまうと塗装の表面が浸蝕され欠損した状態となりますので、研磨にてある程度目立ちにくくできる可能性はありますが、欠損という性質上完全に除去する事はできません。
そのため、イオンデポジットの時点で対処を心掛けるのが理想です。


酸性クレーター/アルカリ性クレーター・クラック

酸性クレーターはイオンデポジットが原因で起こると考えられています。
原理はイオンデポジットを放置する事によって雨などの水滴がイオンデポジットに滞留しやすくなり、酸性雨や大気中の化学物質などが混ざった水に同一箇所が集中的にさらされる事で、塗装表面が侵食されて酸性クレーターになってしまいます。
また鳥の食べた物によっては、酸性クレーターではなくアルカリ性のクレーターや、クラック(塗膜のひび割れ)となるケースが報告されています。

対処方法

酸性クレーターについては、イオンデポジットの時点で除去を行うことが大切です。
また鳥のフンが付着した場合は、塗装を浸食する前に早目の除去を行ってください。


ウォータースポット

ウォータースポットは雨粒などの水滴が付着した状態で太陽の光を浴びると水滴がレンズの代わりとなり、光が集中した際の照射熱によって塗装のベースカラーを傷める現象です。
ウォータースポットはクリア塗装の下にあるベースカラーに影響を及ぼすので、塗装表面の研磨などは意味を持ちません。
また水滴と太陽光が原因という特性上、強い夏など日差しの強い特にも発生しやすく、炎天下では洗車を控えるという理由の1つにもなっています。

予防

原因と対策を考えると雨粒が付着したまま日照環境にしないことが重要です。
ただし、天候変化までは読み切れませんので、炎天下での洗車は避ける事、カーポートやガレージなど屋根つきの駐車場を利用するなどが現実的に行えそうな対策の範囲となります。


鉄粉

洗車後汚れが無くなったきれいに見えるボディでも、薄いセロハンフィルムなどを指に巻いて軽くボディを撫でると、ザラツキを感じることがあるかと思います。
鉄粉の正体は、自動車のブレーキダストや鉄製のチェーンが削れたもの、列車の車輪や線路が削られたもの、金属加工を行う工場や現場などから飛来するものなどが上げられ、飛散した鉄粉が塗装表面に付着します。
ボディに付着した鉄粉は、雨や空気中の水分と反応して錆を発生させて塗装表面を侵食し、固着するとシャンプーでは取れなくなります。
さらに、鉄粉の錆が塗装をますます侵食していくと下地の鉄板の錆びにつながり、外観を著しく損ねると共に塗装自体の寿命も縮めてしまいます。
交通量の多い道路付近、線路沿いや高架下付近の駐車場といった環境は、鉄粉の付着頻度も増えてしまいます。

対処方法

鉄粉から車を完全に守ると言うのは不可能に近いので、長くとも半年に1度は、ネンドクリーナーなどを使用して除去する事が必要です。
また、鉄粉除去用の液剤も市販されており、鉄粉の表面を溶かして固着を弱くするという作用は期待できますが、鉄粉が消失したり自然に浮き上がるわけではないので、最終的にはネンドクリーナーにて吸着除去を行うのが効果的です。


鳥のフン、虫の死がい


春から夏にかけて高速道路や山間部などを走行すると、虫の死がいがバンパーやボンネット、フロントウィンドウなどにこびりついて、洗車では落ちない場合があります。
虫の死骸は、シュウ酸カルシウム、タンパク質、多糖酸、蟻酸などの働きで、酸性クレーター(虫の種類や季節などによってはアルカリ性クレーター)、塗装クラックを引き起こします。
 
また、虫などを好んで食べる鳥のフンにも同様に注意が必要です。
例えコーティングやワックスをかけていても、鳥のフンを長期間塗装面に付着した状態にしておくと、酸性クレーター(エサによってはアルカリ性クレーター)や、塗装クラックなどの原因となり、塗装を傷める危険性があります。
 
塗装に侵食してシミになってしまうと除去するのが難しくなったり、放置されると修復ができなくなることもありますので、発見したら早急に取り除くようにしてください。
夏の炎天下やボンネットなどボディが熱くなっている状態だと、塗装の侵食が早まる危険性も考えられます。
 
※季節や虫の種類で、酸性だったりアルカリ性だったり様々あると言われております

対処方法

鳥のフンや虫の死がいを見つけたら、ウェットティッシュなどで力をいれずに拭き取ってください。(水気が残ったら乾拭きしてください。)
その際、砂や昆虫のハネなどキズの原因になるものが付着している場合があるので注意してください。
付着してすぐであれば水ですすぐだけでも除去できる場合がありますが、強めの水で流したり、洗車を行っていただいても除去できない場合は、ティッシュなどにお湯を含ませて、汚れを湿らせてから拭き取ってください。
また、固着してしまったら爪などで無理に擦らず、高圧水で汚れをできるだけ除去してからクリーナーシャンプーとウォッシングスポンジゴムの面で洗車したり、ゼロクリーナーを使って除去してください。
 
※クリーナーシャンプーやゼロクリーナーは弱アルカリ性でタンパク質汚れを分解しやすい性質を持ちます。
 
時間をおくと除去しにくくなることと、塗装にダメージを与えてしまい、酸化が進むと塗装が傷み変色する恐れがあります。
除去した箇所が跡になってしまったら、研磨粒子入りのスピリットクリーナーを試してみてください。



ピッチ・タール

ピッチ・タールは主に舗装してまだ間もないアスファルトや炎天下で暑くなった道路を走行時、タイヤで跳ね上がった際にボディに付着してしまう黒い油汚れです。
よくあるケースとしてはタイヤハウス周辺などの下回りに黒い汚れが飛び散っており、強力な油汚れのためシャンプー洗車だけでは落ちません。
また、放置すると塗装が変色し、シミになる場合もあります。
ピッチ・タールを発見したらクリーナーを利用して早めに除去する事が大切です。

対処方法

油分が強いのでシャンプー洗車だけではほとんど除去できません。
スピリットクリーナーやネンドクリーナーでの除去や、石油系溶剤成分の脱脂剤やピッチ・タール専用のクリーナーで除去が効果的です。


花粉

花粉の飛散は3月から5月頃にかけてピークとなります。
ボディの表面がうっすら黄色や緑色になっており、少しベタベタしている物が花粉です。
花粉は水分を取り込むと花粉の皮膜が破け、たんぱく質の一種であるペクチンが溶け出し、その後乾燥すると塗装を強く浸蝕します。
花粉が浸食した箇所は強く固着し、乾燥すると花粉が収縮してしまい塗装表面に食い込み、微細な歪みを発生させます。

対処方法

ボディに乗ってしまったら、できるだけ早くシャンプー洗車を行います。
もしもシャンプーで除去できなくなった場合は、熱湯をかけることで、ペクチンが変性し除去しやすくなります。
熱湯を使う場合は、ゴムパーツや樹脂パーツの劣化につながる場合もあるので、お湯を汚れが付着した部分にタオルなどを当てて、80℃位のお湯をかけて軽く拭き取ります。
何度かお湯をかけているうちに除去できます。
軽度の物は脱脂剤のような石油系溶剤で除去できる場合もありますが、塗装表面が傷んだ場合は研磨粒子入りのスピリットクリーナーでの緩和をお試しください。


黄砂

黄砂は中国を中心とした砂漠から偏西風にのってやってくる黄色い砂の事です。
2月から5月頃にかけて飛散し、ボディにのると花粉同様黄色い粉が見えます。
黄砂は通常の砂やホコリと異なり、工場地帯を通過する際に硫黄酸化物や窒素酸化物など様々な汚染物質を吸着しながら飛散します。
ボディに付着後雨などの水分を含むと、黄砂から汚染物質が溶け出し、塗装を侵食するためシミやウォータースポットの原因になります。

対処方法

塗装への悪影響が発生する前に、洗車を行います。
黄砂は非常に硬い汚れなので、しっかり水洗いで流さないとキズの原因になるので注意します。
また、ワイパーやパーツの隙間などの細かい所もしっかり流しましょう。
シャンプー洗車の際は、スポンジ等でボディを洗う際にボディに残っている黄砂を引きずってキズが付かないよう十分に気を付けましょう。


樹液

樹液は春から夏にかけて植物の成長期に多発します。
樹液による塗装への悪影響はあまり知られていないわりに非常に厄介なダメージを受けてしまいます。
樹液被害の受ける主な原因は、駐車している場所が樹木の下やその付近であるという事が多く、たまたま車を止めたスペースで樹液が付いてしまったという事も少なくありません。
風などの影響からか、樹木から10m以上の距離でも樹液が飛散するケースも報告されています。
塗装への侵食スピードはゆっくりですが、樹液が硬化すると天然の樹脂となり水には溶けないため、通常の洗車では除去できず、長期間付着していると塗装表面の変色に繋がります。また、むりやり剥がそうとすると塗装面が剥離する恐れもあります。

対処方法

駐車時はなるべく樹木付近を避け、普段の駐車スペースが樹木の下の場合はボディカバーなどを用いて物理的に防ぐのもよいでしょう。
もし、樹液が塗装面に付着してしまったら、熱湯をかけると軟化し除去しやすくなります。あまり高温だと、ゴムパーツや樹脂パーツなどに悪影響を与える可能性もあるので、お湯の温度は80℃程度を目安にすると良いでしょう。
その他の手段として、ネンドクリーナー施工後のスピリットクリーナー、脱脂剤など樹脂を分解できる性質を持つ石油系溶剤なども効果的でしょう。


落ち葉

貯め込みやすい形状や走行時に風の当たる、フロントウィンドウ下、フロントグリルやエンジンルーム周り、トランクの中等に溜まります。
落ち葉をそのままにしている方をよく見かけますが、擦れてキズを付けたり、落ち葉にも樹液が付いている可能性があることや、流水経路に落ち葉が詰まって泥が溜まるなどでボディが汚れやすくなり、水アカやイオンデポジット、泥や砂による洗車キズなどのリスクが増える原因となります。

対処方法

なるべく手で取って除去します。
フロントグリルやエンジンルームは、エンジンが冷えた状態で掃除してください。


塩害(潮風、冬季の融雪剤や凍結防止剤など)

海沿いなど潮風による塩害や、寒冷地の融雪剤、凍結防止剤の塩化カルシウムなどの塩分がボディに付着し、放置するとサビによる変色や塗装の剥離が発生します。
夏は海沿い、冬は雪路に駐車したり走行した後、必ず洗車をする事をおすすめします。
冬季は金属製チェーンを使用する車もおり、鉄粉の飛散による錆のリスクも高まるので、できるだけ早く洗車をしてください。

対処方法

基本的には高圧水で水をしっかりかけ、塩分を流してから洗車をしましょう。
また、下回り、タイヤハウス周りの洗浄も重要です。
下回りを洗いにくい場合や、設備がない場合は、洗車機や洗車場などを利用するのもよいでしょう。


大気中の汚染物質を取り込みながら降り注ぎます。
都市部や交通量の多い道路では電熱線や融雪設備が設置されている道路もありますが、そういった設備のない寒冷地や道路には融雪剤・凍結防止剤などの塩分が撒かれ、塩分を含んだ雪がタイヤで巻き上げられボディに付着し、錆やイオンデポジットなどの原因になります。
またそのまま手で払い落としたり、ブラシなどで掻き落とすと、硬い雪や前を走行する車などから巻き上げられた泥でボディを擦り、キズを付けるリスクがあります。
だかといって雪が積もったまま走行すると、ルーフに積もった雪がブレーキ時にフロントウィンドウ、加速時に後続車両へ滑っていくので非常に危険です。

対処方法

運転席側のドアが開く程度にルーフとABピラーに積もった雪を手で払い、乗車の10~15分程前にエンジンをかけて車内に暖房を入れれば、ボンネットやルーフに積もった雪の底が溶けて水膜となってきますので、雪を滑り落としやすくなります。
その場合もスノーブラシがボディに密着しないように浮かして使用し、力を入れて雪を落としたりキズの原因となりやすいゴムヘラなどの使用は避けます。
車の動線を考えると、発信に支障が出る前後よりも、横方向に雪を落とすのがよいでしょう。
ただし、硬い雪の層や薄い氷の膜を無理に落とそうとするとキズの原因となりますので、その場合はぬるま湯や、氷点下でない場合は水をかけて雪を溶かす方法も有効です。
また、そのまま乾燥させると水アカやイオンデポジットなどの原因になるので、早目の洗車が理想です。

新商品・イベント

  1. ゼロコーティングリニューアル! ゼロコーティング
  2. ハイパーミーティングに行ってきた!
  3. ハイパーミーティング2016@筑波

キャンペーン

  1. 愛車を磨いて写真を投稿しよう!シュアラスターフォトコンテスト シュアラスターフォトコンテスト
  2. ゼロリバイブで復活!ヘッドライト磨きギャップ選手権
  3. ゼロコーティングリニューアル! ゼロコーティング
  1. シュアラスターフォトコンテスト
  2. SurLuster Pro
PAGE TOP