LOVE CAMPER!

LOVE CAMPER!vol.1 キャンピングカーは、気軽にレンタルできる時代に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この夏、「キャンピングカー」という“変化球”を!

 もうすぐ、夏本番!
クルマは、夏の思い出作りに欠かせない移動手段であり、ドライブという楽しい時間を演出してくれるパートナー。既にクルマを利用しての家族旅行を計画している人や、今のところ具体的な予定を立てていなくても夏休みはクルマで少し遠出をしてみようと漠然と考えている方、多いのではないだろうか。
そんなみなさんに対して、「クルマとの楽しい付き合い方を提案する」このコラムでは、この夏のドライブシーンをより楽しいものにする手段としての「キャンピングカー」に注目。そう、あの、クルマの中で寝たり、食事をしたり、マイペースで旅ができるキャンピングカーである。なぜ、キャンピングカー? それは、キャンピングカーを利用しての旅先には、今までに経験したことがない喜びや発見が溢れていると思うから。移動手段と宿泊機能を兼ね備えているということは…旅先で出会った絶景を前に朝を迎えられたり、山や川、海などの趣味を楽しむフィールドを目の前にしてゆっくりと時間を過ごせたり、車外に出たら頭上に満天の夜空が輝いていたり、キャンピングカーという空間が親子の絆を深くしたり、テーブルを囲む仲間の心を一つにしたり。いつものドライブ旅行に、若干のマンネリ感を覚えている方などは、このキャンピングカーという“変化球”は、かなり刺激的なはず!
 でも、根本的な話しとして「キャンピングカー、持ってないんですけど…」という方が大多数なはず。「いつか…キャンピングカーで旅してみたいな」と思ったことがあっても、同時に「とはいえ、今、キャンピングカーを買うことは現実的ではないしな…」と諦めていたのではないだろうか。でももう、諦める必要はナシ。なぜなら「気軽にキャンピングカーをレンタルする」という楽しみ方が、ひとつのスタイルとしてスタンダードになりつつあるのだから!

説明1新

 

「キャンピングカー」と言っても、タイプはいろいろ。

 キャンピングカーへの憧れを持ち続けながらも、「でも、普通の乗用車より大きなキャンピングカーを自分で運転できるのか?」と一抹の不安を持っていた筆者。夏本番を前に、そんな当方の相談に乗っていただいたのは、関東エリア、関西エリア、中部エリアにおいてキャンピングカーのレンタルサービス「CAMP IN CAR」を展開する株式会社レヴォレーターの社長であり、キャンピングカーを知り尽くしたスペシャリストである板谷さん。曰く「キャンピングカーと言っても、バリエーションは様々。『フルコン』『バスコン』と呼ばれるタイプは、確かに車両自体が大きく、クルマの中とは思えない快適空間が広がる反面、コンパクトカーしか運転したことがない方には少し抵抗があるかもしれません。でも、『キャブコン』『バンコン』タイプのキャンピングカーであれば、ワンボックスカーやSUVに普段からお乗りの方はもちろん、普通の乗用車にお乗りの方でも十分に運転できると思います」。聞けば、『キャブコン』タイプは居住性にも優れているとのことで、筆者のような初心者がキャンピングカーの「雰囲気」を楽しむには、うってつけのようで。最近では軽自動車をベースにした『軽キャンパー』タイプも人気らしく、一人旅を愛する方や、夫婦二人で気軽に旅したい方のニーズにも合致。まさに、キャンピングカーのレンタルサービスを使いこなせるようになったら、クルマの車窓から見える視界も、自由な時間も、グンと広がりそうである。
 また、「昨今では道の駅やRVパークの充実など、キャンピングカーで旅する際に利用しやすいインフラが整備されているので、日本全国を安心して旅することができます」とのこと。数週間かけて日本を巡るような本格的な旅から、3日~4日くらいかけて非日常を楽しむ旅、はたまた1泊2日のお気楽な旅まで。通常のレンタカーを選ぶように、キャンピングカーもまた、その人の旅のニーズに応じて、自由にボディタイプを選んだり、レンタル期間を選べるのである。
 さらに、トレッキング、フィッシング、サーフィンなど、こだわりの趣味を持っている人ならば、仲間でレンタルすれば、ホテルに宿泊するよりもお得で、そして何より旅の機動力が上がるので、キャンピングカーを利用する価値は高いと言えるだろう。

説明2

 

レンタルしやすく、ストレスもなく。

 実際にキャンピングカーを予約・レンタルして旅に出る前に、板谷さんに小さな疑問点を矢継ぎ早に質問。キャンピングカーの予約って、簡単に出来るんですか?という問いには、「当社の場合であれば、ホームページ(http://camp-in-car.com)にアクセスし、好みの車両を選んでその車両の空き状況をご確認の上、ウェブよりご予約いただけます。不明点等あればお気軽にフリーダイヤルでもお問い合わせいただけます」。さらに、キャンピングカーの受け取りはどのように?という初歩的な問いには、「所定のガレージまで来ていただいて、そこで予約済のキャンピングカーに乗り換えていただくことも可能なのですが、当社では、お客様のご自宅までキャングカーをお届けする『配車サービス』を行っており、ご利用者の大半の方が、ご自宅を出発点にキャンピングカーの旅をスタートさせています」とのこと。さらに、その配車サービスは、キャンピングカーの回収まで含まれており「自宅返却」が基本。まさに至れり尽くせり…。キャンピングカーを借りたり返すための無駄な労力やタイムロスがないことを知り、これまでは正直、キャンピングカーを借りることに対してハードルの高さを感じていた筆者であるが、一挙にキャンピングカーとの「距離」が縮まった気がした。まさに「レンタルしやすく、ストレスもなく」。そうとなれば、好みのキャンピングカーを駆って旅に出るしかあるまい!

以降2回続く、このコラムにおいては、実際の小旅行を通して「キャンピングカーの旅のココがいい!」をクローズアップ。また、キャンピングカーという“舞台装置”が、いつもの家族とのドライブ旅行をちょっとした「冒険」に変えてくれる(であろう)ことを、仲間達とのドライブを「忘れられないイベント」に変えてくれる(であろう)ことを、レポートを通して証明したいと思います!

説明3

 

 

ライターT

投稿者の記事一覧

広告制作の現場でコピーライターとして活動しつつ、合間に完全一人作業で写真エッセイ本などを制作。数年前からシュアラスターの広告制作にも携わり、昨年は「ライターT」としてメルマガも担当。

関連記事

  1. ラリーヨコハマ2016 Report 2 [DAY 1]
  2. 塚本奈々美のサーキットレポート 001
  3. 現代のラジコン『MINI-Z』にチャレンジ篇 その1“子供の頃の…
  4. 旅を続ける三橋淳
  5. 塚本奈々美のサーキットレポート 005
  6. 塚本奈々美のサーキットレポート 003
  7. 現代のラジコン『MINI-Z』にチャレンジ篇 その2 “レース参…
  8. ラリーヨコハマ2016 Report 1 [5.21-22に向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新商品・イベント

  1. ゼロコーティングリニューアル! ゼロコーティング
  2. ハイパーミーティングに行ってきた!
  3. ハイパーミーティング2016@筑波

キャンペーン

  1. 『シュアラスター洗車川柳』あなたのカーライフを川柳で投稿しよう! 洗車川柳
  2. 愛車を磨いて写真を投稿しよう!シュアラスターフォトコンテスト シュアラスターフォトコンテスト
  3. ゼロリバイブで復活!ヘッドライト磨きギャップ選手権
洗車川柳
  1. みんカラ パーツオブザイヤー2017上半期
  2. シュアラスターフォトコンテスト
PAGE TOP